ザンビア

本ページではザンビアへの投稿に関する情報を掲載いたします。

各国当局のホームページを参照するほか、最新の情報を十分に確認してください。

サマリー

最終更新日:2022/05/20

陰性証明書規定時間出発72時間以内
検査方法RT-PCR法検査
対象者5歳以上

補足情報

①ザンビアに入国する全ての渡航者に、指定の出入国管理所、航空機内または在京ザンビア大使館HPを通じて渡航者健康問診票が配布される。入国時、審査のために入国地点の保健スタッフに渡航者健康問診票を渡すことが義務づけられる。
②7月1日以降、ザンビアを出入国する全ての渡航者はアフリカ連合(African Union)が提供する「トラステッド・トラベル・イニシアティブ」(Trusted Travel Initiative(TTI))に基づくデジタルPCR陰性証明書の提示が求められる。
TTIに参加していない国(日本が該当)からザンビアに入国する渡航者は、「グローバル・ヘブン・システム」(Global Haven System(GHS))に、取得したPCR陰性証明書のコピーをアップロードする必要がある。
③「ハイリスク」に分類された国からの入国者は、陰性証明書の所持に関係なく、14日間の自己検疫が求められる。(情報更新時点で日本は対象外)
④5歳未満の子供による陰性証明書の提示は免除
⑤入国する全ての渡航者に対し、体温・症状検査を実施する
⑥PCR検査陰性証明書を持たない渡航者は入国を許可されない

※1 TTI アカウント登録

※2 GHS アカウント登録

渡航情報リンク

在ザンビア日本国大使館ホームページ