本ページではへの投稿に関する情報を掲載いたします。

各国当局のホームページを参照するほか、最新の情報を十分に確認してください。

サマリー

最終更新日:2022/05/31

陰性証明書規定時間フライト搭乗前72時間以内
検査方法RT-PCR法検査
証明書について
対象者渡航者全員

補足情報

感染状況が抑えられている国(日本を含む)からの11歳以上の者でワクチン接種を終えている場合は、やむを得ない事情がなくとも入域可能。

入域前に、申請(6日前まで)のほか、以下を行う必要がある。
1.ワクチン接種済み(12歳以上)の場合
・フライト搭乗前72時間以内に受検したRT-PCR検査または48時間以内に受検した抗原検査の陰性証明書、事前登録証明書、宣誓書、ワクチン接種証明書(※)を搭乗時に提示する。
2.ワクチン未接種(12歳以上)の場合
・フライト搭乗前72時間以内に受検したRT-PCR検査または48時間以内に受検した抗原検査の陰性証明書、事前登録証明、宣誓書、渡航理由書(関連証明書を含む)を提示すること。
・到着後7日間の自主隔離と入国後7日目の検査。

※日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書は現在のところ利用許可が確認されていない。

渡航情報リンク

フランス領ポリネシア保健省プレスリリース