ルクセンブルク

本ページではルクセンブルクへの投稿に関する情報を掲載いたします。

各国当局のホームページを参照するほか、最新の情報を十分に確認してください。

サマリー

最終更新日:2022/05/22

陰性証明書規定時間 フライト搭乗前48時間以内( PCR法、TMA法若しくはLAMP法 )
/ フライト搭乗前24時間以内 ( ウイルス抗原の迅速検査 )
検査方法医療分析機関又は認可されたその他の機関によって実施された、
RT-PCR法/TMA法/LAMP法/検査ウイルス抗原の迅速検査
証明書について紙/電子
ルクセンブルクの行政言語(ルクセンブルク語、フランス語、ドイツ語)、英語、イタリア語、スペイン語又はポルトガル語のいずれかの言語への翻訳を添付して提示する必要がある。
対象者12歳2か月以上
※条件あり

補足情報

2歳2ヶ月以上の人は、搭乗前に以下のものを提示する必要がある。
・ワクチン接種証明書
・あるいは、渡航6ヶ月以内に新型コロナウイルスに感染し、すべての症状が消失た人に発行された回復証明書。
・あるいは、搭乗前48時間以内に実施した新型コロナウイルスRNA検査(PCR法、TMA法、LAMP法)または搭乗前24時間以内に実施した新型コロナウイルス抗原の迅速検査の結果の陰性証明。(紙または電子文書)
検査結果が陰性の場合、必要に応じて当国の行政言語(ルクセンブルク語、フランス語、ドイツ語)、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語のいずれか言語への翻訳を添付して提示する必要がある。

渡航情報リンク

駐日ルクセンブルク大使館ホームページ

在ルクセンブルク日本国大使館ホームページ

■ルクセンブルク保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
http://sante.public.lu/fr/prevention/coronavirus-00/index.html

■在ルクセンブルク日本国大使館新型コロナウイルス関連情報サイト
https://www.lu.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00017.html